神社豆知識



1.神棚の祀り方
2.神社参拝の作法
3.玉串拝礼
4.初穂料・熨斗袋の表書き






1.神棚の祀り方



神棚を設ける場所は、明るく清潔な所に、南向きか東向きに
大人が見上げるくらいの高さに棚を吊って設けます。
吊るのが困難な場合は、家具の上などを利用して
お祀りすればよろしいでしょう。

御札はそのまま立てかける祀り方でも結構ですが、
できれば写真のように宮形の中に納め、注連縄を
張ってお祀りしたいものです。
御札の納め方は宮形の造りによって、それぞれ異なります。
左の図をクリックして参考になさってください。
最後にお供えを並べ、完成です。

米・酒・塩・水 (・榊) を供えます。

写真のように専用の祭器具を揃えられれば結構ですが、
無い場合は、小皿に米と塩、コップまたは湯飲み茶碗に
酒と水をお供えしても結構です。







2.神社参拝の作法



神社へお参りする前には、まず手水舎で穢れを清めます。そして社殿に進みお参りをします。

右手で柄杓(ひしゃく)を取ります。
お参り前に姿勢をただします。

(玉串がある場合は、先に玉串を供えてからお参りします)
水を汲み上げ、左手に
かけて洗います。
背中を平らにし、腰を90度に折り、
礼を2回行います。
柄杓を左手に持ちかえ、
水を汲み上げ右手を洗います。
胸の高さで両手を合わせ、右指先を少し下にずらします。
肩幅程度に両手を開き、2回打ちます。
再び柄杓を右手に持ちかえて、
左の手のひらに水を
受けて溜めます。
指先を揃えます。最後にもう1回礼をします。
口をすすぎます。
柄杓に直接口をつけないようにしましょう。
すすぎ終わったら、水をもう1度左手に流します。
最後に柄杓を立てて、残っている水を流しながら、
柄の部分を洗うように心がけ、伏せてもとの
位置に戻します。









3.玉串拝礼



玉串を受け取る時は指先を伸ばし、
左手は手のひらを上に向け、下から
葉の部分を支えるように持ちます。

右手は手の甲を上に向け、
茎の部分を覆うように持ちます。
右手は下から葉の部分を持ち、
左手は茎の部分で時計回りに
送るように回転させます。
時計回りに、葉の部分を上にします。 右手に左手を添えるような気持ちで
根本を神様の方に向けます。
左手を下に下げます。 案と呼ばれる台の上へ玉串を供えます。

 ( この後、上記のように二礼二拍手
  一礼の作法でお参りします )





4.初穂料・熨斗袋の表書き

●神事の祝い
祭儀 御玉串料・御神前・御初穂料・御神饌料
●結婚の祝い
結納 寿・御祝
結婚の祝い 寿・御祝・祝御結婚
結婚のお返し 寿・内祝
●人生儀礼
帯祝い 祝い帯・帯掛御祝
出産の祝い 祝御安産・御初衣御祝
出産のお返し 内祝 (生児の名前を書く)
初節句の祝い 初節句御祝・初雛御祝・初幟御祝
初誕生の祝い 御祝・祝初誕生日
七五三の祝い 賀御髪置 (三歳) ・賀御袴着 (五歳) ・賀御帯解 (七歳)
入学の祝い 祝御入学・入学御祝
卒業の祝い 祝御卒業・卒業御祝
就職の祝い 祝御就職・就職御祝
成人の祝い 祝御成人・成人式御祝
成人のお返し 内祝
銅婚の祝い 祝銅婚 (結婚十五年目)
銀婚の祝い 祝銀婚式 (結婚二十五年目)
金婚の祝い 祝金婚式 (結婚五十年目)
金銀銅婚のお返し 内祝
還暦の祝い 祝還暦・還暦御祝 (数え歳 六十一歳)
古稀の祝い 祝古稀・古稀御祝 (数え歳 七十歳)
喜寿の祝い 祝喜寿・喜寿御祝 (数え歳 七十七歳)
米寿の祝い 祝米寿・米寿御祝 (数え歳 八十八歳)
卒寿の祝い 祝卒寿・卒寿御祝 (数え歳 九十歳)
白寿の祝い 祝白寿・白寿御祝 (数え歳 九十九歳)
賀寿祝いのお返し 内祝





             
表紙に戻る