阿蘇大明神の話



むかし天照大神の孫 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が、
日本の国を治めるために日向の高千穂の峯におくだりになりました。

そして瓊瓊杵尊から三代目の神武天皇が宮崎の港から舟出して
大和の国(奈良県)で日本の国をはじめてお治めになりました。

 神武天皇は、孫にあたる健磐龍命(たけいわたつのみこと)に九州の地を治めるよう命じました。
阿蘇を開発した神として阿蘇神社の主神で阿蘇大明神ともいいます。

 健磐龍命は山城の国宇治郷(京都府宇治市)から瀬戸内海を渡り、宮崎の港に着き、
宮崎で祖父に当たる神武天皇が住まわれた跡に、神武天皇の神霊(みたま)を祀られました。
現在の宮崎神宮がその社で、宮崎神宮の古い記録に健磐龍命のことが書かれています。

 健磐龍命は九州を治めるには九州の中央部に行く必要があると考えました。
海岸を北に進み、延岡から五箇瀬川(ごかせがわ)をさかのぼり、
高千穂そして草部(くさかべ)(阿蘇郡高森町)に着きました。
ここには伯父にあたる草部吉見神(くさかべよしみのかみ)が居られ、
たいへん喜んで健磐龍命を迎えました。
ここで吉見神の娘、阿蘇都媛(あそつひめ)と結婚します。

 二人は火を噴く山、阿蘇一帯に新天地を求めて進みます。
その頃の阿蘇は阿蘇谷、南郷谷(なんごうだに)とも広々と水をたたえた大きな湖でした。
この湖の水を流し出して開拓しようと一大決心をしました。
先ず二重(ふたえ)の峠のところを蹴破ろうとしましたが、二重になっていて壊れませんでした。
そこで立野(たての)(阿蘇郡長陽村立野)のスガルのところを蹴りますと、
山は音を立てて崩れ湖の水はどっと流れ出ました。
スガルとはスキマガアルを縮めた名前とも、『すっかり』 と穴が開いたからともいわれています。
また、蹴破った時の土くれが飛んできたのが、熊本市の小山戸島(おやまとしま)であり、
菊陽町の津久礼(ツチクレ)であるともいわれます。
数鹿流が滝(すがるがたき)は下野(しもの)の狩りで追いつめられた鹿が
数匹流されたので名付けられました。

 健磐龍命は水がなくなった阿蘇谷と南郷谷を開拓し、作物をつくり豊かな土地にしました。
健磐龍命のお墓は阿蘇神社の桜門の東にある『一の神陵』で、
阿蘇都媛のお墓は『二の神陵』といわれています。



『阿蘇の神話と伝説』 (宮川進編)より

表紙へ戻る