文化財 (第二鳥居・第三鳥居)

第二鳥居は元禄5年 (1692年) の建立で、
施主の氏名は
『喜々津村中 宮司正法寺 神職松井左近』
とあります。
第三鳥居は天明7年 (1787年) の建立で、
『喜々津村中 前田段十』が施主となり、
文久2年 (1862年) に修理した旨が
刻まれています。

第二・第三鳥居は平成10年7月6日、
多良見町教育委員会より
『多良見町有形文化財』としての指定書を
交付されました。





表紙へ戻る