豆撒き行事(まめまきぎょうじ) 

画像をクリックすると拡大します。



豆撒きは3回行われ、年男・年女が裃姿に身なりを正して撒きます。
まずは豆撒き奉仕にあたり、お祓いを受けます。

境内のステージに移動して『鬼は外!福は内!』の声高らかに撒きます。
豆には全て札が付いています。札の裏に番号があると当たりです。
協賛商社からの景品がもらえます。3回の豆撒きで3600袋が撒かれます。

最後には神社総代により今年一年間の皆様の幸福を祈念して、365個の餅が
撒かれます。餅撒きが終わると全ての行事が終了です。




         
         
         
年間行事へ戻る
節分祭についてへ戻る
表紙へ戻る